So-net無料ブログ作成
前の20件 | -

キラウエアイキクレーターに下りてみたよ [地質]

キラウエア火山 2018年5月 *3

1959年の噴火時には溶けた溶岩がたまっていたキラウエアイキクレーターに下りてみました。
直径約1.6kmのクレーター。ここから出発して6.4kmの周遊トレイルが設けられています。
キラウエアイキクレーターを見下す.JPG
左側のうっすら白っぽい部分がトレイルです。
出発地点では、ガイドブックが2ドルで売られています。翻訳しましたが、文学的で意味不明で訳しづらいのなんのって。
トレイル入り口.JPG
この地図のように、見どころに番号の看板が設置されているので、ガイドブックの説明を読みながら歩きます。
トレイル入り口、出口は、森の中を進みます。5月初めはシダの若葉がとてもきれいです。
シダの遊歩道.JPG

クレーター壁部分の階段のような道を下ると、バスタブリングと呼ばれる地形に着きます。
バスタブリング.JPG
この位置が溶岩湖の最高水位です。辺り一面、バキバキに割れています。
この辺り(溶岩湖表面付近?)にはオリビンが多く含まれています。
オリビンを含む.JPG
また、この辺りから、ペレーの毛が岩に引っかかっているのを見ることができます。
そろそろクレーター底です。
噴石丘プウプアイが見えてきました。赤い部分の下に、火口が埋もれています。
溶岩噴出口.JPG
最高で580mもの溶岩噴水を噴き上げたそうです。
クレーターにたまっていた溶岩は、噴火の最後に地中に戻ったそうです。(この時バスタブリングができた)この時、固まっていた表面が割れ、でこぼこの岩峰を作りました。
表面の大クラック.JPG
噴火したのは1959年。その4か月後からボーリングを行い、冷却・固結する様子を調査したそうです。1988年には、溶けている部分は73m~100mの深さだけだったそうです。
現在は固まっていますが、熱は残っています。噴気が上がり、珪酸分か何かが蒸着しています。
噴気.JPG

そろそろ、クレータ底の端にたどり着きました。反対側のバスタブリングに登り、トレイルを振り返りながらお昼ご飯です。
トレイルを振り返りながら昼食.JPG

クレーター壁を登り返すと、溶岩トンネルが待っています。
クレータ脇のほぼ水平な遊歩道を進むと、出発点に戻ります。
参考文献 : Kilauea Iki Trail Guide by Hawaii Volcanoes National Park
nice!(2)  コメント(0) 

ハワイ島ヒロ郊外の無料の動物園 [生き物]

キラウエア火山に行き、活発に活動・噴火しているのを楽しんでいると、活発すぎて避難させられる事態に。
仕方ないから、ヒロ郊外の無料の動物園に行ってみました。ケージに動物が飼育されています。ここのメインは、一番奥のトラみたいですが、行くのが早すぎたみたいで、まだ寝室に閉じ込められていました。
Zoo1.JPG

オリに入っていない生き物たち。
ゲコ 鮮やかの緑の体に赤い点がおしゃれですね。
Zoo2.JPG

オスのクジャク2羽は仲良しで、シンクロした動きをしていました。シンクロして首動かすのよ。きれいな鳥だから見ていられるけど… エサをねだっているんだろうけど、2羽ですごく寄ってくるのよ。ちょっと怖かったわ。
Zoo3.JPG

ニワトリは子育ての最中。ひよこがかわいい。愛でていると、知らない子供が激走してきて、散らしてしまいました。もうっ!
Zoo4.JPG

ステキな女性トイレの壁、男性トイレにはゲコが描かれているんだって。
Zoo5.JPG

nice!(1)  コメント(0) 

マウナウルに登ってみました [地質]

キラウエア火山 2018年5月 *2

5月3日午前、ハレマウマウ火口に移動している途中で、かわいらしいピンク色の噴煙が上がっているのに気づきました。プウオオの方角です。
この日はマウナウルの噴火の痕跡を巡るトレイルを歩いて、プゥフルフル(マウナウルの近くの噴石丘)に登ることにしていました。進行方向にプウオオが見えるだろうと、期待。
駐車場では固有種のネネ(ハワイガン)が食事をしていました。
ネネ.JPG

トレイルに入ってすぐ目に付くのは、1969年の割れ目噴火の跡。
1969 fissure.JPG
この辺りには、Cinder、ペレーの涙、スポンジ状のReticulite、ペレーの毛がある、とガイドブックに書かれていますが、Cinderとペレーの涙しか見当たりませんでした。
また、パホイホイ溶岩上に流出したアア溶岩や、
180503-パホイホイ溶岩を覆うアア溶岩.JPG
溶岩樹
Lava Trees.JPG
などを観察しながら歩いていると、プウオオからのピンク色の噴煙が目に入ってきました。
180503-マウナウル溶岩原とプウオオからのピンク色の噴煙.JPG
写っている溶岩はマウナウルの噴出物、植物の残っている丘はマウナウル溶岩に焼かれなかったプゥフルフル。
トレイルに従ってプゥフルフルに登るつもりでしたが、もっと先の山に見える人の姿に引かれてそちらに向かうことに。頂上に着いて地図を確認すると、なんとそこはマウナウル。頂上には深いクレーターと割れ目噴火の跡がありました。
せっかく山登りしたのに、プゥオォのピンク色の噴煙はイマイチ迫力に欠ける状態でした。
nice!(4)  コメント(0) 

キラウエア火山の溶岩湖 [地質]

キラウエア火山 2018年5月 *1
2018年の春の連休は、キラウエア火山で過ごしました。
噴きすぎるくらいに活動していて、楽しむことができました。
なんといってもすごかったのが、ジャガーミュージアム展望台から、ハレマウマウ火口の溶岩湖が見えたこと。
180501-ハレマウマウ火口の溶岩湖.JPG

溶岩湖表面は黒く固まり、いくつかのプレートに分かれ、割れ目からは赤い溶けた溶岩が見えます。
火口壁近くでは溶岩のしぶきが上がっています。黒い部分が引きちぎられて飛ばされています。
5月1日朝~5月2日朝に、溶岩湖表面が見えていました。
nice!(2)  コメント(0) 

トリップアドバイザーが選定した『航空会社トップ 10 』がなんだか変 [その他]

トリップアドバイザーが世界の『航空会社トップ10』を公開しています。
『航空会社トップ10』へのリンク 興味があればご覧ください。
なんだか変。本当かなぁ、と思いませんか?
1位 シンガポール航空
2位 ニュージーランド航空
3位 エミレーツ航空
4位 JAL
5位 エバー航空
6位 サウスウエスト航空
7位 Jet2.com
8位 カタール航空
9位 アズールブラジル航空
10位 大韓航空
いや、なんだか変を通り越して、うそでしょう???って感じ。

トリップアドバイザーだから、口コミをもとにした評価なんでしょうね。
エールフランスに乗る人は評価を書かないの? 乗ったことないけどSASもブリティッシュエアウエイズも良さそうだし。ルフトハンザなんて航路網多くて便利だし、サービスや機体は微妙な気がするけど、エバー航空には勝ってると思うけど???

ホテルを探す時に口コミを見ることあるけど、安いホテルは評価が良く、高いホテルは評価が悪い傾向があるのよ。払った金額に応じて、求めるものや期待するものって変わりますよね。5万のホテルで、鏡の拭き残しがあったり、シーツの上に髪の毛が落ちてたら、文句も言いたくなるけど、3000円のホテルだったら、まぁしゃぁないなぁ、ですむでしょ。

そっか、そもそも別の基準で評価しないといけない航空会社を、同じ基準で評価してしまって、おかしなことになったってわけね。朝からびっくりしたわ~

nice!(1)  コメント(0) 

Visited Countries Map [For myself]

行ったことのある国 大公開!!
Been201803.JPG


https://www.amcharts.com/visited_countries/#AT,BE,CZ,DK,FI,FR,IT,NL,ES,SE,CH,GB,VA,BZ,US,EC,MG,KH,CN,HK,ID,JP,MY,MV,OM,PH,QA,SG,LK,TH,VN,AU,GU,PW,PG,SB
nice!(0)  コメント(0) 

大堂お猿公園 [生き物]

 高知県の西端の大月町は良い所です。
 水晶の産地もあるようですし、ダイビングも盛んです。県道43号線を下りながら見下ろす栢島は絶景ですね。青く 澄んだ海に、養殖の丸い生簀が浮かんでいます。
 大堂海岸辺りには猿がいると聞いて行ってみました。春のことですが。
 大堂海岸の頂上展望台に車を止めて、500mくらい歩いた所に、大堂お猿公園があるようです。入園料200円を払うと、お猿のエサがもらえます。ですが、なんといっても野生生物。公園の中だけで走り回っているわけではありません。この日はラッキーなことに駐車場~途中の道端にたくさんいました。
 今年生まれた子ザルを抱いたお母さんは、仲間に毛づくろいをしてもらっています。
大堂お猿公園-1.JPG
木の上で何を食べているのかと思うと、桜の実のようです。しばらく待てば甘くなるでしょうに・・・
大堂お猿公園-2.JPG

タグ:高知県 大堂
nice!(2)  コメント(0) 

コナアグレッサー の紹介 [ハワイ島 ダイビングクルーズ]

コナアグレッサークルーズの紹介は、付き合いのないダイビングツアー会社の宣伝・広告に利用されていることが判明したので、情報公開を停止します。
KONA-01.JPG

KONA-05.JPG

KONA-06.JPG

KONA-09.JPG

nice!(0)  コメント(0) 

コナの魚たち [ハワイ島 ダイビングクルーズ]

KONA AGGRESSOR 2

水中はどうか、というと。(いつものインドネシア~ニューギニア島~その東の島々に比べて)魚の密度は低く、写真を撮ると、図鑑の写真みたいになってしまいます。いつもとは違う配色のチョウチョウウオやヤッコ、ハギなどが目を楽しませてくれます。砂地にハゼはいませんでした。火山ガスでも含まれているのでしょうか。水温は26度と低め。透明度はそこそこで、水はきれいな青です。
KONA-10.JPG
KONA-12.JPG
KONA-14.JPG
KONA-15.JPG
KONA-17.JPG
KONA-19.JPG

nice!(0)  コメント(0) 

火山地形 [ハワイ島 ダイビングクルーズ]

KONA AGGRESSOR 4

 コナアグレッサーで出会った火山地形についてご紹介しましょう。
 ハワイの火山の玄武岩質溶岩は、富士山や雲仙普賢岳とは違って粘り気が少なく、どろ~っと流れる特徴があります。その速度、時速30センチ~3キロ。溶岩流が民家の近くまで迫って・・・なんてニュースを見たことありませんか?

 マウナロアからの噴出物。溶岩が何層にも重なっていて、噴火を繰り返していることが分かります。所々にある穴は、Lava tube(溶岩トンネル)です。川のような溶岩流ができると、表面は空気で冷やし固まりますが、内部は熱い溶岩が流れ続けます。噴火が終わり溶岩流が抜けると、トンネルが残され Lava tube が形成されるのです。上にも溶岩層があるのは、後で別の溶岩流が覆っても前回のLava tubeが再利用されることを示唆しているのでしょうか。いずれにせよ、噴火当時はこれらの穴から熱い溶岩がどぼどぼ流れ出ていたということ。(現在でもキラウエア火山でオーシャンエントリーは起こっているるようですが)※後日談17年11月にキラウエアのオーシャンエントリーは止まったようです。
KONA-31.JPG
KONA-33.JPG


 内部は層状に固まっていても、表面はがさがさしたアア溶岩だったり、縄状溶岩だったりするようです。
KONA-34.JPG


 水中には、枕状溶岩がありました。しんかい6500の画像みたいですが、ほんの10メートルくらい。(写真の質が悪いだけです)
KONA-35.JPG

 柱状節理も観られました。
KONA-36.JPG
KONA-37.JPG

 もちろん、水中にも溶岩トンネルはたくさんありました。洞窟の中から外を見たときの青色は別格に美しいです。日本人ダイバー風の表現をすると、ハワイ島コナの海は地形がおもしろい、のでしょう。
 水中の火口でもダイビングしました。ブリーフィングでクレーターと聞き期待度Maxで真っ先に向かいましたが、火口は垂直に深く薄暗く、ロブスターのヒゲをたくさん見だけでした。
 温泉は?ということになりそうですが、水をためる層がなく、すぐ海水面なので、温泉は無いようです。海底からぷくぷく泡が出るような所も見ていません。
nice!(0)  コメント(0) 

ウニの収集物 [ハワイ島 ダイビングクルーズ]

KONA AGGRESSOR 5コナアグレッサー

 『モアナと伝説の海』のキラキラしたものを集めるカニのモンスターを連想してしまいます。
 どうやってはり付けているのでしょうか。どうやって選んでいるのでしょうか。どうやってその場所にものを運んでいるのでしょうか。みんなそう思うようで、写真を集めていました。
KONA-27.JPG
KONA-28.JPG
KONA-29.JPG
 なんでもかんでもくっつけている、というわけではなく、それぞれにお気に入りの分野があるようです。防御にもなってなさそうだし、なんのためにくっつけているのかさっぱり分かりません。どうやって選んでいるのか、どうやって上まで運んでいるのか、学士論文には十分なネタではないだろうかと。
 真ん中のなんか、ウニの殻を裏返して貼りつけてるんですよ。ウニの殻onウニの本体。その裏にある法則を知りたい!! 一番下のは人工物をくっつけています。音楽でも聴いているのかな・・・?
nice!(1)  コメント(0) 

寝るための工夫 [ハワイ島 ダイビングクルーズ]

KONA AGGRESSOR 7

 ワイン無しで夕食をいただいた後は、お楽しみのナイトダイビング。真っ暗な中に懐中電灯みたいなライトを持って(私の場合はカメラにくっ付けて)エントリー。照らしている部分しか見えないので、集中して生き物などを探せるような気がします。
 昼間にひらひらしていたお魚たちは、日没後は寝ています。いろんな寝方があるようですが。キイロハギさんの場合は
KONA-50.JPG
KONA-11.JPG
ちょっと濃い色に変色して、体中央に白い縦線。
nice!(0)  コメント(0) 

寝ている魚たち [ハワイ島 ダイビングクルーズ]

KONA AGGRESSOR 8

昼と夜の姿を対照できたら面白いけど、昼間の写真があまりなく、できそうにありません。なので、夜の姿だけ並べます。
これはチョウハン(だと思う)。変な名前ですが、どこにでもいるチョウチョウウオの仲間です。昼間は体の上半分は黒いですが、夜はまだらに色を薄くしているようです。しっぽの付け根の黒丸をだまし眼として目立たせたいのかな。
KONA-51.JPG

岩のくぼみに張り付いて寝ているのはミヤコテングハギかな。昼間は体全体が黒いはずですが、夜には色を薄くして白い水玉模様のようになっています。
KONA-53.JPG

小さいフグは海底に落ちて寝ています。夜の砂地では、かんたんにフグを拾えます(しませんけど)。しっぽを曲げている姿がほほえましい。このキンチャクフグは、昼間は白いお腹をまだら模様の褐色に変えて、岩の窪みに挟まっています。波にゆられないように、岩で体の位置決めしているのかな。
KONA-54.JPG


nice!(1)  コメント(0) 

夜の海のお楽しみ [ハワイ島 ダイビングクルーズ]

KONA AGGRESSOR 9

夜の海のお楽しみといえば、甲殻類。暗くなるとお食事タイム。こんなのを見つけるとうれしいですね。ま、普通のカニといえばそうですが。div align="center">KONA-57.JPG下のカニは写真を撮っている間に食べ物を見つけて、岩陰に去っていきました。折れたサンゴにしかみえないけど、海藻食べるのかな?<
KONA-59.JPG

こいつは変な奴です。後ろ足でスポンジを背負っています。インドネシア辺りでもよく見ますが。
KONA-60.JPG
こちらも変な奴です。インドネシア辺りでは1晩数匹見ますが。イソギンチャクを殻にくっ付けたヤドカリ。
KONA-61.JPG

nice!(1)  コメント(0) 

味わいたい! [ハワイ島 ダイビングクルーズ]

KONA AGGRESSOR 10

カニに負けてはいません。エビだらけの所もありました。
ふるさと納税返礼品で有名になったウチワエビ。食べてみたい気がしますが、どことなくよどんだ砂地で見ることが多いので、うっすらと泥くさい味がするのでは、と想像しています。英名スリッパロブスター、その通りの形です。(ちょっと気になって調べてみたら、日本にはこれの仲間は、セミエビ、ウチワエビ、ゾウリエビの3種がいるようです。)
KONA-64.JPG
その仲間。これは初めて見た気がします。手が細いとスリッパに見えませんね。ガイドに聞くと、これもスリッパロブスターと言ってました。英名は適当です。
KONA-65.JPG

そしてなんといってもこれ。たくさんいました。洞窟になっている所の床なんか、ロブスターがうじょうじょ。
KONA-67.JPG

nice!(1)  コメント(0) 

漬けサンマのせそうめん [お料理]

今朝の朝食
170902-1.JPG
材料
 ふるさと納税で根室市からいただいたサンマの刺身(冷凍)
 キュウリ
 三輪そうめん (よし井ひね)
 しょうゆとめんつゆ
 その他:ネギ おろししょうが プチトマト
 
そうめん、解凍サンマの刺身、生キュウリの組み合わせは、絶妙に私の口に合います。
おいしくするポイントは、切ったサンマを醤油に漬けてしばらく置いて味を染ませること。おろししょうがを一緒に漬けるとおいしさが増します。
他の具材を用意して、ゆでたそうめんを氷水にさらした後、そうめんを一口量づつくるくるとまきながらお皿に盛ってゆきます。具材を飾り付け、めんつゆをゆったりと回しかけたらできあがり。
この時期、スダチの皮をおろしかけ、すだちもしぼりかけると、一足早く秋を追う深い味になりそう。
nice!(0)  コメント(0) 

DANが会費を値上げ! [ダイビング]

平成29年9月1日より、DANが会費を値上げするそうです。
 年会費 8,000円
 入会金を新設 5,000円

ひどい!!! と思う方は、8月中に入会または更新手続きをしましょう。
nice!(0)  コメント(0) 

PADIからの贈り物 [ダイブマスター講習]

『PADIのメンバーシップを継続していることに感謝の意を込めた』
5年表彰証書とメンバーピンをいただきました。証書は、水面下のマンタを下からあおって撮った写真に、白抜きで文字が書かれてて、さすがだな~と感心しました。でかでかと名前が書かれているので公開できなくて残念です。

二つ折り厳禁とか印刷されたPADIの封筒がポストに入っていて、何だろう???とびっくりしました。
PADIの会費は銀行引き落としになっていて、秋ごろ、辞める場合は書類を出してね、という案内が来ますが、なんとなくそのままにしています。
ダイビングビジネスに就いていたら継続するのがしんどいかもしれないけど、普通の会社員だったら維持できないわけではない感じ。

とはいえ、ダイビングに行くのは、年1回くらいになってきました。カメラの道具に気を遣うのがしんどいですね。PADIメンバーも、そろそろ辞め時かなぁ。と思ってしまいました。
nice!(0)  コメント(0) 

世界一おいしいインスタントラーメン?! [お料理]

ラーメン好きなアメリカ人が->THE RAMEN RATER<-というホームページで2014年に『世界一おいしいインスタントラーメン』と発表した Penang White Curry Noodle
170701-1.JPG
クアラルンプールで探して、4件目のスーパーで見つけました。4袋入りパックで7.41RM。期待を込めて2パック買って帰りました。
中には普通の乾麺と、Seasoning Power、Non-Dairy Creamer、Chili Pasteの3種類の調味料が入っていました。
170701-2.JPG
170701-3.JPG
作り方はかんたん。
1. 380mlのお湯で麺を3分ゆでる。
2. 食器に3種の調味料を入れる。
3. お鍋から麺を食器に移す。
4. できあがり。
170701-4.JPG
肝心の味は、というと・・・ 味覚は人それぞれなんでしょう。2パックも買うんじゃなかった!
nice!(0)  コメント(0) 

三崎へ日帰り旅行 [その他]

旅行番組でよく紹介されている「みさきまぐろきっぷ」で三崎に行ってみました。
品川や横浜から約3000円で、京急の三崎までの往復乗車券(途中下車可)と三崎でのバス乗車券、現地での食事、お土産又は観光船などの施設利用が含まれています。結構人気らしく、お食事処は行列がひどい、とのうわさでしたが、行った日はあいにくのお天気。そのおかげで電車もお食事処もゆったりしていました。
三崎口からバスで城ヶ島へ。バスをおりて歩いていて呼び込みにひかれて入ったお店でいただいた刺身定食。久しぶりのサザエの刺身のおいしいのなんのって。
IMG01.JPG

その後、城ヶ島で地質見学をしようとしましたが、風が強くカサがひっくり返るのにめげて、早々に退散。バスで三崎港に戻り、歩いて諸磯の海岸まで移動しました。そこでも不思議な地層を見学し、再びバスで京急の駅へ、京急で羽田空港へ。
何を見たかは、また後で。
nice!(0)  コメント(0) 
前の20件 | -