三大がっかり名所、というと、札幌の時計台と、高知のはりまや橋、あと一つは諸説あるようです。無理して「三大」なんて言わなくてもいいやん、って思いますが。
 世界の三大がっかり名所は、諸説なく、シンガポールのマーライオン、ベルギーの小便小僧、コペンハーゲンの人魚姫だそうです。
 というのを知ったのは、遠い昔にベルギーを旅した時。特に感動もなく、「ふ~ん、まぁ見たわ」って感じ。
 シンガポールは、日本からは行きやすいですね。マーライオンも、たいして感動する物ではないけど、青空に白い像が映えて、悪くはないと思います。が駅から遠くて行きにくく、周りにたいして見るものもなく、1度行けばそれでいいかな、って感じ。

 わざわざ行くことはないだろうと思っていたコペンハーゲン、不思議な縁で行ってしまいました。
 というわけで、世界三大がっかり名所を制覇しました。
人魚.JPG

どうでしょう、人魚姫。アンデルセンにちなんでいるそうです。がっかりもしないけど、やはり、「ふーん」って感じ?晴れてたら見ごたえあるんだろうか?高知県桂浜の坂本龍馬像よりましじゃない?って思うけど。ま、背景が工業地帯ってのは、イマイチなんでしょうね。
 それより運河や海など、いたる所が凍っているのが印象的。海が凍る(湾内だけど)ってすごくない?朝に乗った運河クルーズなんて、氷を割りながら進んでましたよ。凍った朝の運河クルーズオススメ。ガリガリ進んでおもしろい。
運河.JPG

白鳥.JPG

もうひとつ、へ~って思ったのが、美術館で見たベスビオ火山の噴火の絵。
ベスビオ火山の噴火.JPG
この地域の人の興味が大きかったのでしょうか、いろんな人が描いているようで、何枚も並んでいました。

ふと、1年間で世界三大がっかり名所を巡ろう!なんて思いついてしまい・・・ 「ばかげたことはおよし」と誰か止めてくれないと実行してしまいそう・・・ 「マーライオンに行く」のが核心ね、遠いし暑いし道路渡りにくいし・・・

タグ