KONA AGGRESSOR 1


 ハワイは日本人人気No1の渡航先、ではないかと。飛行機代が高いから行くことはないだろう、と思っていました。ですが、やむを得ない事情でお盆休みに行くことになりました。ハワイは日本人に人気の旅行地のはずですが、アグレッサーに乗る日本人客は少ないとのこと、興味を持っている人のために情報をシェアします。(日本語の分かるスタッフはいません)

<<コナへのフライト>>


 コナアグレッサーのダイブサイトはハワイ島西岸。ハワイ島には、西側にコナ空港、東側にヒロ空港があります。この船の集合場所はコナの港なので、飛行機はコナ往復が便利です。
 フライトは、各地~ホノルル乗り継ぎ~コナ が一般的でしょうか。
 ハワイ航空とJALは、コナ直行便もあります。

<>


 土曜日乗船、翌週の土曜日下船ですが、船まで送迎してもらえません。土曜は出発までの間、港に係留していると思います。乗船前、下船後は荷物を預かってくれるそうです。下船後は、次のお客さんが来るから、16時までには荷物を引き取って、と言っていました。
 空港からタクシーで港(Kailua Pier)まで行くと船が見えたので、スタッフに声をかけて荷物を預けました。17時集合とのことで、それまで辺りを散策しました。暑いし、ひどく疲れました。
KONA-01.JPG
 ダイビングデッキに乗り込み、まずそこで荷物を開けて器材をセットアップします。他の荷物は部屋の引き出しなどに置き、スーツケースは別室に保管してもらいます。
KONA-05.JPG
 キャビンはホームページにも公開されていますが、狭いです。ベッドの上の段を荷物置きにしてしまいました。
KONA-06.JPG
 食堂の周りにキャビンがあるレイアウト。その後方がダイビングデッキ。ぜんぜん歩きません。

<<1日のスケジュール>>


スケジュールはホワイトボードに掲示されます。例えばこんな感じ。
KONA-07.JPG


<<ダイビングスタイル>>


 船のスタッフは6人、シェフ以外はダイブマスター兼務。5人が順番に水中を引率していました。
KONA-08.JPG
 海に入るダイブマスターは一人だけです。その回の担当の人が地図を描き、ブリーフィングをしてくれます。見れる生き物や期待される生き物を図鑑で紹介してくれることもありました。
 どんな風にガイドしていたかは??? アグレッサーに乗る人で、ガイドにくっついて泳ぎたいダイバーなんていませんよね。
KONA-09.JPG
 海へは本船エントリー、本船エキジットです。みんな30分くらい前から準備を始めているのに、海に入るまでの時間が長い。なので Late in first out ささっと準備して先に海に入って、写真撮りながら待っていました。透明度はそんなに悪くないし、たいして流れもないので、最初にエントリーしても不安はありません。
 エキジットは両側のはしごを使います。垂直ではなく斜めになっていて、固定されていて波で動かないので、重いタンクを背負っても上がりやすかったです。

 ここは、インドネシアやモルディブみたいな強い流れはないし、グループから離れてもだれか見えているくらい透明度も良いので、アグレッサーの中ではEasyな海かな。でもサンゴはないよ。誘ってくれたら一緒に行くかも。